FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おきたま若者交流塾の皆さんを受け入れました。

7月8日、山形県の「おきたま若者交流塾」の移動研修を宮城県団で受入れしました。

この受入れは、法政大学佐藤ゼミの受入れがきっかけで交流が始まった東北大の石井山竜平先生のご紹介で、山形県置賜地区で積極的に活動している「おきたま若者交流塾」の皆さんと、地域を越えた交流を進めようと今回、移動研修を宮城県団で受入れることになりました。

今回、おきたま若者交流塾からは、総勢23人のメンバーが来県。「被災地で学ぶ復興のまちづくり」と題し石巻市周辺の復興状況を視察となりました。

当日は宮城県団から佐久間会長はじめ5名の役員が参加。おきたまの皆さん、そして石井山先生と石巻市内で合流後はお互いの顔合わせを兼ねた昼食交流会を行いました。

SYOKUJI

KOURYUU

KOURYUU1.jpg

昼食を取りながら、お互いの自己紹介や日頃の活動の意見交換を行う予定でしたが、話に夢中になってしまい、食事と取るのも忘れてしまうほどで、予定の時間をオーバーしてしまいました。

昼食後には石巻市内を視察。震災当日に石巻市内の職場で被災した、宮城県団岩崎事務局長が中心になって、石巻市内の現状を説明しました。

IWASA.jpg

SYOKUBA.jpg

視察後は東松島市鳴瀬市民センターに場所を移し、総括として石井山先生の進行で一人ひとり感想や感じた事を述べ、簡単な意見交換会を行いました。

IKEN.jpg

最後に、みんなでの再開を約束して(次は宮城県青年会館での交流を提案!?)して終了しました。

おきたま若者塾のみなさんありがとうございました

SYUGOU
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

宮城県青協

Author:宮城県青協
宮城の青年団ブログへようこそ~

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。