FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第60回記念全国青年大会宮城県選手団結団式、代表者・監督者会議開催

10月30日、宮城県青年会館で第60回記念全国青年大会宮城県選手団結団式ならびに代表者・監督者会議を開催しました。

揃いの宮城県選手団ユニフォームを着た各チーム代表の表情からは、緊張した様子が伺えましたが、武藤順子総監督が宮城県選手団代表チーム名を読み上げて順次整列、ここに佐久間団長以下総勢65名の宮城県選手団が結成されました。

お忙しい中ご臨席頂いた、財団法人宮城県青年会館理事長・石垣英孝様から、「全国青年大会はサンフランシスコ平和講和条約発行を記念して、講和記念全国全国青年大会が開催されて以来、歴史ある大会である。震災で被災した状況での参加であるが、宮城の代表として日頃の活動の成果と郷土を思う気持ちを十二分に発揮して頂きたい」と激励のお言葉を頂戴しました。

その後、各チーム代表から自分たちのチーム紹介ならびに全国青年大会へ向けての思いなどの一言紹介が行われ、被災地の南三陸町から参加する卓球チーム・戸倉ビッグウエーブの代表から「東日本大震災で被災して、大変な状況だったが、全国の皆様から物心ともに多くの支援を頂いた。その思いに答えるためにも全国青年大会に参加することを決意した」の決意表明がされると、会場内から大きな拍手が上がりました。

結団式の結びで佐久間団長から「震災直後は県内青年の状況も掴めず、新幹線をはじめとする交通機関も動かず、全国青年大会の参加は正直無理だろうと思った。しかし今日ここに、例年より選手の数は少なくても、宮城を代表する選手団を結成することができた。これは皆さんの地域を思い活動してきた成果だと思う。是非全国青年大会では、その思いを出し切っていきたいと思う」と力強い決意表明がされました。

結団式後には、代表者・監督者会議を実施。先ほどの緊張した様子は見られず、宮城県選手団としてひとつになった様子が伺えました。

全国青年大会は11月11日~14日、日本青年館を主会場に開催されます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

宮城県青協

Author:宮城県青協
宮城の青年団ブログへようこそ~

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。