FC2ブログ

活動家養成事業「かつけん」に参加してきました!

 皆さんこんにちは、会長の佐久間です。今日は去る6月8日~9日に東京の日本青年館で開催された、活動家養成事業「かつけん」に参加した報告をさせていただきます。
 昨年装いも新たに復活した「かつけん」に、今年は昨年を大きく上回る25名の仲間が集まり開催されました。
宮城からは私と武藤副会長が参加し、1泊2日の研修に臨みました。
 まず最初の講義では、「映像で学ぶ青年団活動」と題して宇都宮大学教授の廣瀬隆人先生が所有する2本の映像を見たんですが、そのうちの1本が何と昭和30年代の宮城県の瀬峰青年団の活動が映っているもので、内容も当時の農村青年が抱える悩みなども映し出されていて、とても興味深いものでした。続いて行われた元日青協事務局長の水野光四郎氏による「青年団活動の歴史」と題して行われた講義では、聞いたことはあるけど詳しくは知らなかった過去の青年団活動の内容だったりをお話しいただき、非常に勉強になりました。
 その後に総務・組織・社会の各部に分かれグループ学習を行い、普段ではなかなか突っ込んで聞けない事を各担当副会長を始めとして役員の方々とともに考えることができ、とても有意義な時間でした。夕食交流会でも参加者全員が「青年会以外での目標」を発表し、盛り上がりをみせました。
 2日目はワークショップ「キクチカラが青年団を強くする」と題して、昨日に引き続き廣瀬先生に講師をしていただき、「一人で30分間自分のことを話し、他のメンバーはそれを相槌を打ちながら聞く」という課題を与えられ、4人から5人のグループで行われました。話すのが苦手な人、得意な人と特徴は分かれますが、参加者のほとんどが終わってから、人の話を聞く、聞いてもらうという事は、「安心感」や「受け止めてくれている」という感情が沸き起こったと話しており、自分が今ここにいる意味や意義を感じることのできたワークショップでした。
 2日間参加して、私はかなりベテランの部類の参加者ではありましたが、他県の若い団員ともたくさん意見を交換することができて初心を思い出した感があります。また明日から一生懸命青年会活動に取り組みたいと強く思わせてくれる良い研修会でした。
 写真はワークショップに取り組む武藤副会長と、北海道東北ブロックから参加したメンバーでの一枚です。


028_convert_20130611003721.jpg
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

宮城県青協

Author:宮城県青協
宮城の青年団ブログへようこそ~

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR