FC2ブログ

文化祭の最終部会を行なってます!

 お疲れ様です、会長の佐久間です。現在、5月26日に開催した、第61回宮城県青年文化祭復興祈念大会の最終実行委員会に向けて、最終の部会を行なっております!企画・広報部会と競技部会に分かれ、総括を作る為の打合せが進んでいる最中なんですが、会話が途切れることなく順調に進んでおります。
 実行委員会は来週の土曜日に開催なので、十分な準備の下当日に臨めればと思います。


写真は、まさに各部会の様子です!


CIMG0594_convert_20130627203915.jpg
CIMG0593_convert_20130627203719.jpg
スポンサーサイト



第43回黒川郡青年体育大会に出席(参加も)してきました。

 皆さんこんにちは、会長の佐久間です。6月23日(日)に大郷町のB&G海洋センターのアリーナを会場に、第43回黒川郡青年体育大会に来賓として出席してきました。
 今大会は卓球、キンボール、障害物競走とバラエティに富んだ種目設定となり、黒川郡内各町村から青年たちが集まり、町村対抗の種目や参加者全員参加の種目など最後まで盛り上がりをみせました。私も全種目に大衡村青年会の皆さんに混じって参加させていただいたのですが、本当に楽しく黒川郡青年の団結力を感じました。
 昨年はボウリング大会、一昨年は震災のために開催は無しと今回のようなスタイルは3年ぶりとなったのですが、こういうところにも震災からの復旧というものが感じられた一日でした。

写真は卓球競技中の青年たちと後片付け最中の一枚です。

NCM_0167_convert_20130624025328.jpg
IMG_20130623_170218.jpg

県青協第2回理事会並びに体育大会第1回実行委員会を開催しました。

 みなさんこんにちは、会長の佐久間です。去る6月15日に県青協の第2回理事会と、第66回宮城県青年体育大会の第1回実行委員会を開催しました。
 理事会の方では前理事会から今理事会までの間に行われた日青協事業などを理事の皆さんに報告し、議事では体育大会の要項審議、そして昨年久々に行われた女子研修会を引き継ぎ、「第2回なでしこ学」と名を変えた事業について理事の皆さんから様々な意見を頂きました。
 体育大会の実行委員会のほうでは、先ほどの理事会で要項が承認されたことで、競技別の実施要項について慎重審議がなされました。
 その他日青協事業である北方集会、中国への植林、沖縄の平和集会など募集も行っていますので、気になった方はご連絡ください。
 これから体育大会へ向けて突き進んで行くわけですが、まだまだ実行委員の数が足りない状況です。協力をいただける方からの連絡をお待ちするとともに、これをご覧の皆さんに声をかけさせていただいた際にはぜひ共に体育大会を成功させるべくご協力をいただきたいと思います。

写真は、理事会が始まる寸前の和やかな様子です。





活動家養成事業「かつけん」に参加してきました!

 皆さんこんにちは、会長の佐久間です。今日は去る6月8日~9日に東京の日本青年館で開催された、活動家養成事業「かつけん」に参加した報告をさせていただきます。
 昨年装いも新たに復活した「かつけん」に、今年は昨年を大きく上回る25名の仲間が集まり開催されました。
宮城からは私と武藤副会長が参加し、1泊2日の研修に臨みました。
 まず最初の講義では、「映像で学ぶ青年団活動」と題して宇都宮大学教授の廣瀬隆人先生が所有する2本の映像を見たんですが、そのうちの1本が何と昭和30年代の宮城県の瀬峰青年団の活動が映っているもので、内容も当時の農村青年が抱える悩みなども映し出されていて、とても興味深いものでした。続いて行われた元日青協事務局長の水野光四郎氏による「青年団活動の歴史」と題して行われた講義では、聞いたことはあるけど詳しくは知らなかった過去の青年団活動の内容だったりをお話しいただき、非常に勉強になりました。
 その後に総務・組織・社会の各部に分かれグループ学習を行い、普段ではなかなか突っ込んで聞けない事を各担当副会長を始めとして役員の方々とともに考えることができ、とても有意義な時間でした。夕食交流会でも参加者全員が「青年会以外での目標」を発表し、盛り上がりをみせました。
 2日目はワークショップ「キクチカラが青年団を強くする」と題して、昨日に引き続き廣瀬先生に講師をしていただき、「一人で30分間自分のことを話し、他のメンバーはそれを相槌を打ちながら聞く」という課題を与えられ、4人から5人のグループで行われました。話すのが苦手な人、得意な人と特徴は分かれますが、参加者のほとんどが終わってから、人の話を聞く、聞いてもらうという事は、「安心感」や「受け止めてくれている」という感情が沸き起こったと話しており、自分が今ここにいる意味や意義を感じることのできたワークショップでした。
 2日間参加して、私はかなりベテランの部類の参加者ではありましたが、他県の若い団員ともたくさん意見を交換することができて初心を思い出した感があります。また明日から一生懸命青年会活動に取り組みたいと強く思わせてくれる良い研修会でした。
 写真はワークショップに取り組む武藤副会長と、北海道東北ブロックから参加したメンバーでの一枚です。


028_convert_20130611003721.jpg

北方領土返還要求県民フォーラム並びに宮城県民会議総会



 6月5日にパレス宮城野において、平成25年度北方領土返還要求県民フォーラム並びに宮城県民会議総会が開催され、県青協からは会長の佐久間が出席し、司会進行をさせていただきました。
 フォーラムではまず北方領土返還要求宮城県民会議会長である中村功宮城県議会議長が、「我が国固有の領土である北方領土が旧ソ連から不当に占拠されてからもう70年近く経つが話が前に進まない。一日も早い領土返還に努力していきたい」と力強く挨拶し、会場から拍手が起こりました。
 記念講演では、拓殖大学海外事情研究所教授の名越健郎氏から「今後の北方領土問題の展開」と題してお話をいただき、プーチン大統領の考えや今後の日本政府の外交交渉はどうあるべきかなど、普段から興味関心を抱いていた部分を詳しく解説していただき大変有意義な時間でした。
 引き続き行われた総会では今年度の事業計画などが議論され、全ての議案が可決承認されました。
 我々県青協も、北方領土返還へ向けて署名運動など、自分たちのできる事をしっかりと進めなければとの気持ちが強くなった一日でした。 
 

第17回大道芸フェスティバルin遠刈田に行ってきました!

074_convert_20130602230118.jpg
077_convert_20130602224222.jpg
081_convert_20130602224359.jpg

 6月1日~2日に渡って開催された第17回大道芸フェスティバルin遠刈田にスタッフとして参加してまいりました。このフェスティバルは遠刈田の商工会の方々に加え、蔵王町青年団体連絡協議会の皆さんが中枢となって行われていることもあって、お手伝いする形となりました。
 私は初めて芸人さんたちのパフォーマンスに生で触れたのですが、感動につぐ感動でした。今回UPした写真はその一部なのですが、超人的な技から伝統芸能までどれをとっても素晴らしいものでした。スタッフとして芸人さんたちの生の声を聴けたのも貴重な体験でした。

089_convert_20130602230344.jpg

 蔵王の青年たちのスタッフとしての動きも素晴らしく、ある芸人さんからは「日本中色々なフェスティバルに呼ばれていくけど、こんなに良くしてくれるところはないよ!」との声をいただき、これまでの頑張りが相手に伝わっていることがわかり、初参加である私も誇らしげな気分になりました。
 上の写真は後片付け中の青年たちで、赤いつなぎは彼らのトレードマーク!これからも町内のみならず、県内各地でこのつなぎが躍動することを期待したいと思います。

各地域で総会が行われています!

IMG_20130418_195417.jpg

 皆さん、6月に入りましてジメジメした季節に入ってきましたが、少し前の、とてもフレッシュな情報をお知らせします。
4~5月にかけて各地で総会が行われ、私佐久間も出席させていただきました。
まず、4月18日に蔵王町青年団の総会が行われ、昨年に引き続き佐藤啓太さんが会長となり、役員は半数以上が変わるフレッシュな人事となりました。佐藤会長は「今年度も地元に密着した活動をしていきたい」と力強く発言し、期待感が高まりました。
 それから二日後の4月20日、黒川郡連合青年団の代議員会(総会)が行われ、こちらも昨年に引き続き千葉加奈子さんが団長に就任し、今年度に向けての想いを熱く語りました。出席者の中には初参加の加盟団員もおり、今後を担うメンバーの育成にも力を入れてる事が伝わってきました。
 5月17日には登米市青年団連絡協議会の総会が行われ、相澤宏さんが新会長に選ばれました。登米市では4人目の会長となり、活躍が期待されます。そして、新体制の下で行われる登米市の各大会や事業も本当に楽しみです。
 
写真は今日、明日と第17回大道芸フェスティバルinとおがったでもスタッフとして活躍している蔵王町の新役員の方々です。
プロフィール

宮城県青協

Author:宮城県青協
宮城の青年団ブログへようこそ~

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR