FC2ブログ

日教弘奨励金を頂きました。

P9140167.jpg

 
 去る9月14日に、エスポールみやぎ(宮城県青年会館)において、日教弘奨励金の贈呈式が行われました。贈呈式では、公益財団法人日本教育公務員弘済会宮城支部の高橋道夫支部長から、宮城県青年団連絡協議会の佐久間祥平会長へ目録が手渡されました。
 この奨励金は、社会教育活動を行っている団体に向けたもので、今年度宮城県団も申請していました。
 その席で、昨年の震災以降の事業や取り組みなどの説明が佐久間会長からあり、高橋支部長からは「これからも、活発な活動を続けて下さい。」との言葉を頂きました。
 この奨励金を活かして、県の青年団活動をより良いものにしていけるように頑張ってまいります。
スポンサーサイト



平成24年度第1回女子研修会開催します。

ZYUO.jpg
平成24年度第1回女子研修会開催要項

1.ねらい
近年、なかなか女性青年が活動していくのが厳しいものになっている状況です。しかし、加盟団や県内各地に地域活動を積極的に行っている女性が増えつつあります。これからも多くの女性がもっと地域活動や青年活動に気軽に参加できるよう、交流会や研修会を開催します。

2.主 催       宮城県青年団連絡協議会

3.期 日       平成24年 9月22日(土

4.場 所       宮城県青年会館(エスポールみやぎ)

5.参加対象・人数   県内女子青年10名程度を予定

6.内 容        
上半期の活動や悩み、女性の在り方について話し・考え、これからの女子研修会について話し合います。参加者相互の交流を目的とした会食などを年に数回の開催を予定しています。また元日本青年団協議会副会長斎藤緑さんを講師に迎え、「いまドキ!?女子の会話力!!」と題して、話し方講座も行います。

7.申込締切      平成24年 9月14日(金)午後5時まで

8.参加費       500円

9.申込先       宮城県青年団連絡協議会
           〒983-0836 仙台市宮城野区幸町4-5-1
           TEL/FAX 022-792-0650

法政大学の学生さんを受け入れました。

9月1日、法政大学の佐藤ゼミの生涯学習コーディネーター論実習(地域づくり学習班)の宮城県実習を宮城県団で受入れました。

今回の受入れは今年2月に続く2回目ですが、今回は2年生の学生9名が参加。2泊3日の日程で宮城県内各地を視察し、そこで被災した地域の視察や活動する人々の取り組みを学ぶ学習であります。

今回は県内青年達の代表として、宮城県団が2日目の日程を引き受け、南三陸町や石巻市などの地域を実際に巡ってみました。

仙台市内を出発して一路石巻市の大川小学校に向かいました。
大川小学校は多くの児童の命が亡くなった場所として、数多くメディアで取り上げられていますが、実際にその場所に立ち、当時の学校の状況そして現在の学校の周囲の地域を実際に見て、学生たちは多くのことを学び取った様子でありました。

その後、名勝・神割崎を経由して南三陸町に向かいました。南三陸町内では役場跡地や高台に移転が進む様子を実際に視察し、町全体が津波によって破壊された様子を町内の至る所から感じ取ることができた様子でした。南三陸町の海はこの時期には珍しく、青い綺麗な海の色をしており、学生たちは「こんなに綺麗な海が多くの人命や街を奪い去ったとは信じられない」と口々にし、自然の脅威を感じた様子でありました。

昼食を挟んで午後からは石巻市内を視察。青年大会でもお世話になる、地元の小野さん(宮城骨髄バンク登録推進協議会石巻地区代表)から説明を受けました。

20120901151308.jpg

小野さんの丁寧な説明で、市内で最大の被災地域の南浜町等を実際に視察。小野さんの熱心な説明に、学生たちからも次第に多くの質問が寄せられました。

小野さんと別れた後には東松島市大曲地区を視察。短時間でのハードスケジュールでしたが、学生たちからは積極的に何かを学び取ろうとする想いを感じ取ることができた1日でした。
プロフィール

宮城県青協

Author:宮城県青協
宮城の青年団ブログへようこそ~

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR