FC2ブログ

金魚ねぷた製作中


登米市豊里町青年会の金魚ねぷた製作会にお邪魔しました。

6月から製作を進めて来ましたが、遂に色付けまで来ました。

来週の夏祭りで展示する予定だそうです。

岩崎
スポンサーサイト



山田美香さん感謝の会を開催しました。


7月23日、山田美香さん感謝の会を開催しました。

山田さんは宮城県青年会議、県青協、日青協の役員を長年努められ、全国の青年運動発展に尽力されました。

今回は、山田さんの長年の活躍に感謝をする会として、佐久間県団会長と伊藤前会長が発起人となり、準備を進めてきました。

感謝の会には、地元宮城の加盟団役員を始め、北海道から沖縄まで、全国の皆様にご出席頂き、無事盛大に開催することが出来ました。

岩崎

宮城県青年団地域活動再生支援金助成制度のお知らせ

この度の東日本大震災で被災した県内の青年団体を対象に、宮城県団では「宮城県青年団地域活動再生支援金助成制度」を設立いたしました。

1,趣  旨   
 東日本大震災で被害があった県内青年の地域活動再生へ向けて、「がんばっぺ~基金」の中から、再生支援に向けて助成を行なう。

2,助成対象 
 ① 宮城県内で地域活動を行なっており、今回の東日本大震災で甚大な被害を被った団体。(学生サークルは除く)
 ② 確実な連絡先(事務局に準じるもの)および代表者・監督者が存在する団体。
 ③ 過去5年以上、特定地域を基盤に継続的に活動している団体。
* 5年以内に県青年大会参加した実績がある団体はこの項目を省略する。但し参加メンバーの過半数以上が入替になっている場合はこの限りでない。また過去5年以内に県青年大会にて失格等の罰則適用団体、NPO団体並びに法人格を有する団体、民間の営利団体はこの助成金対象としない。

3,助成金額   
1団体 上限 100,000円  * 但し、郷土芸能伝承団体は1団体 上限 150,000円

4,審査方法   
 必要事項を申請書に記入後、その団体が復興に向けてどれくらいの熱意があるか県青協役員会にて審査する。必要に応じて現地にて状況調査を行う場合がある。

5,返済方法   
 地域活動再生に有効的に活用した場合には返済義務が無い。
助成対象団体は2年間、宮城県青年大会(文化祭・体育大会)の参加費を免除する(団員登録料は別途納入義務がある)ので、参加するように努力すること。

6,申込期間   
 平成23年7月10日 から 9月30日まで  * 必要に応じて第2次募集を行なう。

7,申請方法   
 宮城県青年団連絡協議会事務局まで申請の意思が在ることを連絡願います。その後申請用紙に必要事項を記入して発送のこと。

8,そ の 他  
① 応募多数の場合には、過去に県青年文化祭・体育大会への参加実績がある団体を優先的に選考する。
② 助成金の不正流用が確認された場合には、助成金の全額返金を求める。それに応じない場合には、地方公共団体・報道機関などの関係機関に不正流用の事実を通達する場合がある。

詳しくは宮城県団事務局まで

岩崎

第60回記念全国青年大会宮城県選考会の参加者を募集いたします。

第60回記念全国青年大会宮城県選考会の参加者を募集いたします。

<文化部門>
平成23年8月21日(日) 宮城県青年会館 
◎実施種目 
演劇・人形劇・合唱・郷土芸能(民俗・創作)・意見発表・写真展・生活文化展・舞台発表・のど自慢

<体育部門>
平成23年9月 3日(土)
          4日(日) 登米市迫総合体育館 豊里公民館
◎実施種目  
バレーボール(9人制)  男・女
バスケットボ-ル     男・女
バドミントン         男女混合
軟式野球          男・女・男女混合のいずれでも可        
卓 球            男女混合
柔 道            男
剣 道            男・女
フットサル         男・女・男女混合のいずれでも可

申し込み締め切り  平成23年7月22日 午後5時まで

* 本大会は例年の宮城県青年文化祭並びに宮城県青年文化祭に代わる全国青年大会宮城県選考会になります。

詳しい内容に関する問い合わせは宮城県団事務局までお願いいたします。

岩崎
  

第2回理事会開催



7月3日、平成23年度宮城県団第2回理事会が開催されました。

開会にあたり、佐久間会長は「7月に入り暑さが本格化するなか、節電対策で企業も土日深夜稼働となるところも多く、青年活動に支障もでると思う。だが、こういう時こそお互いを理解し合い、支え合って頑張ろう」と挨拶、熱い議論が開始されました。

今回の理事会では、(1)全国青年大会宮城県選考会と、(2)復興事業についてが主な議案となりました。

全国青年大会宮城県選考会については、理事のみなさんから要項の改善提案から、震災で被災した地域からの参加ができるように対応するように提案があったり、いつもに増して活発な審議となりました。

復興事業については、復興対策として、日青協並びに全国の皆さんから寄せられた募金等を基に、宮城県青年団地域活動再生基金「がんばっぺ〜基金」の設立が承認。こちらの基金から、地域活動再生に向けての助成活動を行うことになりました。(詳細は後日、ブログにアップします)

理事会の後には、参加した理事さん・役員と一緒に、登米市青連鎌田会長の指導で、「金魚ねぶた」の骨組製作作業を行いました。

本日製作した物は、8月7日に登米市豊里町で開催される夏祭りにて展示いたします。

本日は大変充実した内容の理事会となりました。

岩崎
プロフィール

宮城県青協

Author:宮城県青協
宮城の青年団ブログへようこそ~

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR