FC2ブログ

平成23年度宮城県青年団連絡協議会定期大会開催

5月29日、平成23年度宮城県青年団連絡協議会定期大会を開催しました。
本来は4月の開催でしたが、東日本大震災の影響を受け、初めて5月の開催になりました。

県内各地から加盟団を代表した代議員が集まり、今年度の運動方針を協議しました。
中には、被災地で復興事業公演をしていて、会場の気仙沼市から駆け付けた、登米市青連の鎌田会長や澤口代議員もいて、この定期大会に臨む熱い思いを感じ取ることが出来ました。
sikaku.jpg

大会はまず22年度の運動総括並びに収支決算の報告から始まり、続けて23年度役員が選出されました。batti.jpg

新役員が選出された後は、23年度の運動方針、予算案が審議され、東日本震災からの復興事業や各種派遣事業についての質疑が寄せられました。daigiinn.jpg

最後に県青協顧問、佐々木春樹氏の音頭により、ガンバロウ三唱を行い定期大会は閉会いたしました。syuyhgou.jpg

今年度も皆様、よろしくお願い致します。

岩崎
スポンサーサイト



被災した県内の状況です その2

先日の事ですが、佐賀県川副町青年団の方々から県内の被災地の仲間に支援物資を頂戴いたしました。

そこで宮城県団芳賀事務局次長の地元の方々へ届けました。

芳賀事務局次長から近況報告が入りましたので報告いたします。
L02B0047.jpg

「佐賀県川副町青年団の皆様方、大変ありがとうございました」
気仙沼市本吉地域は水が復旧していないとの情報から、体用の厚手ウェットティッシュ、水のいらないリンスインシャンプー、水のいらないボディシャンプー、綿棒等々。更に!佐賀県の名産品の【小城羊羹】が約100個も!大変ありがとうございました。
(地域の皆様方に配布する前にひとつつまみ食いしちゃいましたが、とっても美味しかったです)

現在の気仙沼市の状況は、市中心部は電気、水道、ガス、電話は復旧していますが、
中心部から離れた地域では、完全復旧とはいかず、一部地域でまだ電気が使えない、水が使えない等不便な生活を送っている方たちも数多くいます。
先日も、余震により水道管が外れて漏水があったため、通水していた地域でも、数日間断水しました。

道路状況も、震災直後は至るところで国道が破壊され、人が歩くことすらできない場所が多数ありましたが、現在はほとんどの場所が再舗装されました。ただ、地震により地盤沈下したため、気仙沼港周辺では、満潮時には冠水し、通行止めになっている通りもあります。

一部地域でしか通水していないのと、避難所となっている公民館や体育館、集会所には入浴設備が整っていないのですが、市内数ヶ所に自衛隊の方達が、大きなテントの中に湯船を設置した野外風呂を設営してくださっているので、大変助かっています。ちなみに、日に4回の入れ替え制の所もあれば、日替りの所もあるという感じで、場所に寄って男湯・女湯の区切りが違います。自衛隊風呂が設営される前は、一週間以上入浴できないことも珍しくなかったです。私がいた避難所は人数が少なかったためか、結構呑気で、「お風呂は沢水を薪で沸かして、洗濯は川でと、まるで昔話みたいだね(^▽^;)」と被災者同士で笑いあっていました。山へ柴刈りに行っていた家もあったようです。

5月中旬から仮設住宅の入居も始まっており、先日親戚が入居したばかりの所へお邪魔したのですが、家電や寝具、食器や調理道具も揃っていて、すぐに生活ができる状態になっていたそうです。
避難所でプライベート空間のない生活からすると、「とても嬉しいが隣との間が薄い壁だけなので、話し声などにも気を使う」とのことでした。また、実際に必要な数の仮設住宅が出来上がったわけではないので、まだまだ避難所で生活している人は多く、避難所の側に建てられた仮設に入居した人との間でちょっとしたトラブルがあったという話も聞いたそうです。

そんなこんなで、まだまだ復興というよりも、復旧の只中ですが、皆さん頑張っています。



   芳賀(岩崎代筆)

鋭意製作中




ただいま定期大会の資料を印刷しています。
今日は都合が付く役員で印刷作業してます。

大会まであと一週間。みなさんよろしくお願いします。

岩崎

平成23年度宮城県団定期大会

平成23年度宮城県青年団連絡協議会定期大会を開催いたします。

日時:平成23年5月29日(日)午後2時から
(受付 午後1時00分~1時50分)
場所:宮城県青年会館(エスポールみやぎ)

* 今年度は東日本大震災の為に4月から5月に時期を変更しての開催になります。

岩崎

松尾さんが来ました

日本青年団協議会の事務局員である松尾直泰さんが県団事務所にやってきました。

松尾氏写真

松尾さんは昨日、岩手県の青少年会館と打ち合わせのため、岩手県に入り、本日は
岩手県団会長の地元の陸前高田市と大槌町で関係者と会談し、21時頃に宮城県団の
事務所がある宮城県青年会館に到着しました。

長旅にも関わらず疲れた様子も見せないナイスガイの松尾さんと今年度の災害への
対応を始め、多岐に亘り話し合いました。

                          佐久間

被災した県内の状況です その1

ちょっと前の話ですが、被災地の南三陸町と気仙沼市本吉町周辺の状況確認に行ってきました。
本吉町は県青協の事務局次長の芳賀さんの出身地であります。

芳賀さんは職場の気仙沼市で被災しましたが、自宅のあった本吉町周辺は津波で甚大な被害を被りました。
救援物資

各地から寄せられた救援物資と希望があった品を持参しました。
現在、まだまだ避難所にいる方々も多く、電気水道は復旧の方向に向かっているものの、まだまだ生活面で落ち着いていないと言った様子も伺いました。

芳賀さんに自宅のあった辺りを案内してもらいました。

自宅周辺

少し先にJR気仙沼線の陸橋があり、堤防になっていたそうですが、今は姿も形もありませんでした・・・
津波の恐ろしい破壊力を感じました。

芳賀さんの実家は漁業を営んでおり、今は漁の再開に向けているものの、目の前の海はまだまだ瓦礫などが埋まっており、再開はしばらく難しいとの事でした。

その後、私たちの先輩でもあり、元日本青年団協議会副会長の高橋弘則先輩のお宅を訪問しました。
弘則先輩は金融機関で働いており、被災された地域の方々への対応で忙しい中、後輩の私たちに対して「瓦礫の撤去や被災地での炊き出し作業など復興対策には専門家の知識や技能・資金も必要だ。それを青年団が行うのは限界がある。しかし、被災した地域の青年仲間たちの声を聞き取り、きちんとしたところに伝えるようなことができるのは青年団の活動ではないだろうか?」と力強くアドバイスしてくれました。

乗り上げ

その後、青年体育大会の軟式野球競技参加チームである「サンライズ」の楠原監督に顔出ししました。昨日、40日振りに電気が回復したと笑顔で私たちを迎えてくれました。自営の自動車整備業を再開すべく、事務所の設置を行っているところでした。

「青年大会に参加したいが、道具もユニフォームも流された仲間が多い」といった意見を伺いました。

今後も私たちは、県内の被災地の状況確認を行い、各地の状況を発信していきたいと思います。

                                   岩崎
 

平成23年度第1回理事会

今日は平成23年度宮城県団第1回理事会でした。
遅くなりましたが、ようやく新年度体制で始動することが出来ました。

佐久間会長は「震災の影響で理事会の開催が遅れてしまった。震災当初は理事の皆さんとまたこうやって集まる事ができるのか心配だった。皆さんとこうしてまた議論できる事に感謝したい。今年度は宮城の復興の為に県団と加盟団、宮城の青年が一丸になって取り組んで行こう」と挨拶をしました。

佐久間会長挨拶

議事の中では、平成23年度役員承認も行われ、黒川郡から武藤順子さんが常任理事に立候補。無事承認されました。また事務局長として登米市の岩崎大輔さん、事務局次長に大崎市の中川満さん、本吉郡出身の芳賀広美さんが指名されました。その後、今年度の運動方針を審議しました。

出席理事の方々


理事会の中では、震災復興に向けての取り組みの意見交換も行われ、県内各地の現状報告が行われました。


復興事業について1
復興事業について2

本日提案の議案は全て承認され、平成23年度運動方針が決定しました。

                         岩崎

岸和田市青年団協議会の方々がいらっしゃいました。

岸和田市青年団協議会(吉野保史会長)の有志、約40名が同市出身の大阪府青協の塚本浩司会長と宮城県内でも被害の大きかった気仙沼市でボランティアをするためにいらっしゃいました。
金曜の20時に岸和田市を出発し、貸切バスで15時間かけて気仙沼に入り、昼食も摂らずにボランティアに従事してきたそうです。
夜は宮城県青年会館が誇るレストラン『ザ・テラス』で会館の石垣理事長や山田前日青協監事夫妻と交流しました。
また、岸和田市青協で集めた義援金を「被災地の伝統文化のために使って欲しい」と頂戴しました。
吉野会長からは今回限りではなく、またボランティアに入るつもりであるお話がありましたので、その際は皆さんにご連絡しますので是非交流しましょう。

                                 伊 藤
IMG_3523.jpg

はじめまして!!! 宮城県団です。

平成23年度よりブログを開設しました。
これから県内青年たちの活動報告を始め、様々な情報を発信していきたいと思います。
まずは、5/15(日)13:00より宮城県青年会館において平成23年度第1回理事会を開催します。
今年度方針並びに災害復興事業等について熱く議論してまいります。

                                     佐久間
DSC00206.jpg
プロフィール

宮城県青協

Author:宮城県青協
宮城の青年団ブログへようこそ~

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR